China

【ビジネスに興味がある人向け】もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由

안녕하세요!さすさちです。
今回は、【ビジネスに興味がある人向け】もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由というテーマでお話しします。

「第3言語ってどれを選んだら良いんだろう?」

「どうせだったらビジネスの役に立つ言語を学びたいな」

そんな風に考えていませんか?

今回はそうした方に向けて【ビジネスに興味がある人向け】もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由をお話しします。

語学やビジネスに興味がある方はぜひ参考になさってくださいね!

【ビジネスに興味がある人向け】もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由

結論。中国語ができるとビジネスの幅がグッと広がるからです。

というかむしろ中国無しでは多くのビジネスは立ち行かなくなります。

たとえば私がやっている輸入業も中国語で中国の工場とやり取りできないと成り立ちません。

中国語を使うことができると、中国製品を輸入することが可能になるのでビジネスでより成果を上げやすくなります。

それに加えて、じつは皆さんがふだんよく使っているアプリも中国初のものが多いです。

世界中で人気のTikTok, WeChat, Himalaya, Alibaba, TaoBaoなどはすべて中国発です。

もはや中国無しでは世界が回らなくなっていることが分かりますね。

中国語ができるようになると見える世界が変わりますよ!

もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由がよく分かる本

さて、ここまで中国語ができるとビジネスの幅がグッと広がるという話をしてきました。

「ほんとうに中国って世界に大きな影響を与えているの?」「もっと詳しく中国が世界に与えている影響を知りたい!」という方もいらっしゃると思います。

そこでもし第3言語で迷ったら中国語がオススメな理由がよく分かる本を3冊ご紹介します。

もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由がよく分かる本① 『知らないと恥をかく世界の大問題』

ジャーナリストの池上彰さんの本です。池上さんの解説はどれもかみ砕いた言葉で書かれているので分かりやすいですよね。

「世界の大問題は、むしろ中国を話題に出さずに語るほうが難しいのでは?」と思ってしまうほど近年中国は存在感はますます強くなっています。

中国が世界にどのような影響を与えているのかが気になる方はぜひ手に取って見てください。

もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由がよく分かる本② 『米中貿易戦争の裏側』

筑波大学名誉教授で理学博士の遠藤誉さんの本です。アメリカと中国の間で何が起こっているのかを、TVでは語られないような切り口からズバッと解き明かしていきます。

TVって政府の顔色を伺いながら報道しなきゃいけないのであまりズバズバと物を言いづらいのでしょうね。

その点本は、あまり政府の顔色を伺わずにズバズバと物を言える点が素晴らしいです。米中貿易戦争がズバッと解説されているのが気になる方は読んでみてはいかがでしょうか?

もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由がよく分かる本③ 『国際関係地図』

いま世界では色んな国同士がバチバチ争っていたり、逆に手を組んだりしています。

しかし国同士の詳しい関係の説明を求められたら、ちゃんと答えることができる人は少ないのではないでしょうか?

この地図帳では国と国との関係が図を用いて詳細に説明されています。中国と中国以外の国の関係について知りたい方はきっと参考になるでしょう。

最後に

いかがでしたか?

今回は、【ビジネスに興味がある人向け】もし第3言語で迷ったら、中国語がオススメな理由というテーマでお話ししました。

ビジネスに興味のある方はぜひ参考になさってくださいね!

では、また次回お会いしましょう。

안녕!(*´罒`*)♡

-China

© 2021 さすさちぶろぐ Powered by AFFINGER5